SAPのERPパッケージは、業務に応じてロジスティクス系・会計系・人事系・分析系といったモジュール群に分かれています。これらのモジュール群がどのような機能を持っていて、どのように連動しているのかを理解することが大切です。

今回は、会計系のFI(財務会計)モジュールについて、主要なサブモジュールを含めて簡単に解説していきます。FIはSAPのERPパッケージの中核機能とも言える重要な部分なので、他のモジュールを専門にする場合でも概要を押さえておくことをおすすめします。

FI(財務会計)モジュールの全体像

FIは、企業が外部に対して公表する決算書を作成することを最終目的とするモジュールです。この決算書は、企業会計原則等のルールに則って会計仕訳を切り、それを積み上げていくことによって作られます。

例えば、購買・生産・販売といったロジスティクス系のモジュール群では、売上・仕入等の企業活動を把握しています。その情報はFIにリアルタイムで連携され、売上計上・仕入計上等の会計仕訳が自動生成されて積み上げられていきます。

このようなかたちで、企業における会計事象に関する情報は最終的にFIにつながっていくようになっています。FIは、SAPのERPパッケージにおけるゴールのようなものと言っていいかもしれません。

主要なサブモジュールの関係

FIの大まかな構造を理解するうえで押さえておきたいのが、FI-GL(総勘定元帳)、FI-AR(債権管理)、FI-AP(債務管理)、FI-AA(固定資産管理)です。まず中心となるのはFI-GLで、これが先ほども出てきた会計仕訳を登録していく部分です。

売上計上・仕入計上では、同時に売掛金・買掛金等の債権・債務も計上されます。この回収・支払いを管理する機能がFI-ARとFI-APです。債権の計上・回収や債務の計上・支払いが行われると、関連する会計仕訳がFI-GLに連携されます。

会計上、固定資産はいったん資産に計上したうえで、減価償却により時間の経過とともに費用計上されます。こういった固定資産特有の管理機能を有しているのがFI-AAです。こちらも費用計上に関する会計仕訳がFI-GLに連携されていきます。

5つのサブモジュールを個別解説

FIの大まかな構造を説明したので、次にFIを構成するサブモジュールごとに、さらに深掘りをして説明していきます。決算書の元になるFI-GLが中心にありますが、他のサブモジュールがFI-GLとどうつながっているかを意識しながらチェックしてください。

FI-GL(総勘定元帳)

FI-GLは、日々の企業活動に基づいて会計仕訳を登録していく機能を持っています。他のモジュールで把握する会計事象に関しては、基本的に連携によって自動で会計仕訳が登録されるようになっています。

それ以外の部分については、FI-GLのなかでマニュアル入力により振替伝票を起票して、会計仕訳を登録することになります。ちなみに、入力する金額を税抜きにするか税込みにするかといった細かい部分は、パラメータ設定により調整することができます。

月次処理や年次処理としては、定期的に発生する会計仕訳を登録したり、外貨建てで計上した勘定科目等について円貨換算を行ったりする機能があります。また、決算調整を行って損益計算書や貸借対照表等の決算書を作成することができます。

FI-AR(債権管理)

FI-ARは、販売によって発生した債権を確実に回収するための管理を行う機能を持っています。SD(販売管理)モジュールから発生した債務は、FI-ARにおいて自動的に売掛金等として計上されるようになっています。

日本の商慣習にも対応しており、いったん売掛金として計上し、締め時点でまとめて請求することもできます。入金が行われた際には銀行のFBデータを取り込んで自動消込みを行うこともでき、効率的に未消込みの債権の明細を把握することが可能です。

FI-AP(債務管理)

FI-APは、購買によって発生した債務を適時かつ正確に支払うための管理を行う機能を持っています。MM(購買管理)モジュールから発生した債務は、FI-APにおいて自動的に買掛金等として計上されるようになっています。

購買取引が多い場合、債務の支払い処理には膨大な手間がかかります。FI-ARには自動支払い処理の機能があり、例えば、支払う債務の対象を指定して、まとめて債務の消込み処理・自動仕訳を行い、銀行振込のFBデータを生成する、といったことが可能です。

FI-AA(固定資産管理)

FI-AAは、会計処理において固定資産として扱っている資産を管理する機能を持っています。幅広い固定資産に対応しており、土地、建物、機械といった有形固定資産だけでなく、ソフトウェア等の無形固定資産についても管理することができます。

固定資産の減価償却や評価方法については、日本の会計基準やIFRS(国際会計基準)で異なる扱いとなる場合があります。FI-AAでは、複数の基準別に計算することができ、少ない手間で効率良く管理できるようになっています。

FI-SL(特別目的元帳)

最後に、外部に報告する決算書を作るためのFI-GLとは別に、特定の目的で帳簿を付けるFI-SLについても紹介しておきます。FI-SLの機能を使うことで、柔軟な観点から会計数字を使った管理ができるようになります。

例えば、国内の会計基準に基づいてFI-GLで帳簿を付けると同時に、IFRS用としてFI-SLで帳簿を追加することができます。また、項目を新たに追加して集計の設定をすることで、FI-GLにはない観点から集計した会計数値を確認することも可能です。

FIは重要性の高いモジュール

他のモジュールで認識されたすべての会計取引は、最終的にFIーGLへとつながっていきます。企業に欠かせない情報開示という意味で、FIはSAPのERPパッケージのなかでもっとも重要なモジュールとも言えます。

他のモジュールを担当するとしても、そのモジュールからFIにどういうかたちでつながっていくかのイメージはしっかり持っておいたほうがいいでしょう。そのためには、SAP製品の専門知識だけではなく会計に関する知識を持っていることが有効です。

SAPのERPパッケージの中核となるFIを理解することで、システム全体を俯瞰して見られるようになります。SAPコンサルタントを目指す人は、FIを優先的に勉強してみるのも1つのやり方かもしれません。

(画像は写真ACより)