SAPのERPパッケージはロジスティクス系・会計系・人事系・分析系といったモジュール群に分かれており、これらのモジュール群がリアルタイムに連動しているのが特徴です。そのなかでも会計系は、企業活動の結果としての数値を他のモジュール群から集約する重要な役割を担っています。

この会計系を構成する主要なモジュールには、FI(財務会計)とCO(管理会計)があります。今回は、このうちのCOにスポットを当てて、ERPパッケージ全体における位置づけや構成するサブモジュールの機能の概要を紹介していきます。

CO(管理会計)モジュールの位置づけ

会計系のモジュール群は、MM(在庫・購買管理)・SD(販売管理)・PP(生産計画・管理)等の他のモジュール群から会計取引に係る情報を集約し、会計数値を作っていきます。この会計数値には、外部公表のための「財務会計」と企業内部における管理が主目的の「管理会計」という2種類があります。

財務会計は外部公表をするため公に認められた会計ルールに則って処理を行う必要がありますが、管理会計はあくまで内部管理用の会計であり、企業の目的に応じて多種多様なかたちで処理を行うことができます。

FIもCOも企業活動の情報を集約して会計数値を作るという点では同じですが、どういう処理を行うかという点で大きく異なります。FIは一定のルールに準じて処理を行うため、企業ごとに大きな差が生まれにくい一方で、COは企業の方針によって使われ方が大きく異なることがあります。

COによって集計された数値は、企業活動の生産性向上や費用・収益の分析といった内部管理を行うために使用されます。目的に応じた数値を柔軟に把握するための機能が、COには数多く用意されています。

主要3機能を個別解説

COの機能を大きく分類すると、CO-OM(間接費管理)・CO-PC(製品原価管理)・CO-PA(収益性分析)の3つのサブモジュールに分けられます。CO-OM・CO-PCは発生した費用を事業別・製品別に集計する部分で、CO-PAはその結果に基づいて分析やレポーティングをする部分です。

なお、大元のデータは他のモジュールで発生しており、それが上記の各サブモジュールに引き継がれて処理が行われていきます。それでは、サブモジュールごとに、機能の概要を細かく見ていきましょう。

CO-OM(間接費管理)

CO-OMは、間接費を部門別・製品別に振り分けていくこと(配賦)を主要な目的とするサブモジュールです。間接費は全体として発生するような経費のようなもののことで、特定の部門・製品のみに関連づけることができないため、何らかの基準を作って配賦することになります。

CO-OMには、CO-OM-CEL(原価要素会計)・CO-OM-CCA(原価センタ会計)・CO-OM-OPA(内部指図会計)・CO-OM-ABC(活動基準原価計算)といった機能が含まれており、これらの設定によって企業の考え方に適合したかたちでの配賦を柔軟に行えるようになっています。

CO-PC(製品原価管理)

CO-PCでは、製造した製品や提供したサービスごとに発生費用を集計していき、製品・サービスにおける実際に発生した原価を計算することを主目的とするサブモジュールです。柔軟な配賦により、実態に即したかたちで製品原価を把握できます。

実際原価は計画値と比較することで、差異の把握や原因分析、今後の計画策定の重要な参考情報となります。これによって、製品原価を適切に管理しながら、生産性向上へとつなげていくことが可能です。

CO-PA(収益性分析)

CO-PAは、製品別・部門別に把握した収益・費用の情報に基づいて、設定したセグメントに分類したうえで利益にどの程度貢献しているかを分析するサブモジュールです。このセグメントは、製品・得意先・指図等の項目を指定して柔軟に設定できるようになっています。

分析の目的に応じたさまざまなレポーティングを行うことができ、今後の計画を策定するうえでの有用な情報をスムーズに提供できるのが特徴です。意思決定を行ううえで、CO-PAはとくに重要な機能と言えるでしょう。

難易度が高い側面も

COは内部管理に必要な会計数値を算出するために、さまざまなモジュール群から情報を集約します。そのため、関係するプロセスは多岐にわたることになり、幅広い知識が要求されるという側面があります。

また、COの使い方は画一的なかたちがあるわけではなく、クライアント企業の業種や業態、考え方や方針によって異なります。COの導入においては、クライアント企業のニーズを正しく理解したうえで柔軟に対応していくことが欠かせません。

こういったこと踏まえると、他と比べてもCOは奥が深くおもしろいモジュールと言えるかもしれません。難易度も高くはなりますが、SAPコンサルタントとしての付加価値向上にもつながるので、興味を持った人にはぜひ挑戦してもらいたいモジュールです。

(画像は写真ACより)