営業支援ツールとビジネス版LINEが連携

5月11日(月)、株式会社マツリカは「Senses」とワークスモバイルジャパン株式会社が提供する「LINE WORKS」が連携を開始することを発表しました。

「Senses」は株式会社マツリカが提供する営業支援ツールです。

「LINE WORKS」は無料通話や掲示板、アドレス帳、メール、予定表、ファイル共有といった機能を備えた「ビジネス版LINE」です。

今回の「LINE WORKS」との連携は、チャットボット内製ツール「hachidori」を提供するhachidori株式会社と共同で開発を実施しました。

営業入力情報の工数を削減

「Senses」と「LINE WORKS」の連携による最大の利点は、営業活動情報入力における工数を削減すると共に、精度の高い営業情報管理が可能になることです。

今回の連携によって、「LINE WORKS」の画面上から「Senses」に紐づけられた案件情報を呼び出すことができます。

「営業担当によるデータ入力負荷の高さ」はSFA/CRMの運用課題として多くの企業を悩ませてきましたが、今回の連携によって会話をするようなリズムでの情報入力ができるようになりました。

入力負荷の軽減に繋がることが期待されている今回の連携にあたって、株式会社マツリカはhachidori株式会社と共同開発を実施したうえで、Sensesのチャットボイスを開発しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

LINE WORKSの画面から営業活動を入力!営業支援ツールSenses、LINE WORKSとの連携機能を提供開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000015189.html