営業履歴を追加・確認できる機能

株式会社アイズは、2020年5月14日、同社が運営する媒体資料ポータルサイト『メディアレーダー』において「簡易SFA」機能の提供を開始したと発表しました。

『メディアレーダー』は、企業のマーケター・広告代理店と媒体社とを結ぶ会員制の検索サイト。「簡易SFA」機能は、同サイトの管理画面において営業履歴を追加・確認できるというものであり、資料掲載企業に向けて提供されます。

リード獲得の手段としても活用可能

アイズは、2007年の設立以来、マーケティング会社として独自サービスを複数展開している企業です。日本最大級と同社が自負するクチコミマーケティング『レビューブログ』と共に、『メディアレーダー』の運営も手がけています。

『メディアレーダー』は、媒体資料やマーケティング資料を無料で提供している会員制サイト。登録した利用者は、提携企業が同サイト内にて公開している広告資料を自由にダウンロードすることができます。また提携企業は、自社資料をダウンロードした会員の登録情報を取得できるため、リード獲得の手段として活用することが可能です。

獲得リードごとの営業履歴を記入・確認

今回『メディアレーダー』において提供が開始された「簡易SFA」機能は、資料を掲載する提携企業側が獲得リードごとの営業履歴を記入・確認できるというもの。リード情報の進捗確認や社内コミュニケーションを円滑化し、営業活動をさらにスムーズにする機能となっています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

メディアレーダー – 株式会社アイズ
https://media-radar.jp/

媒体資料のポータルサイト『メディアレーダー』が、「簡易SFA」機能を提供開始 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/