SensesとCallConnectが連携

合同会社selfreeは、AIを活用したクラウド営業支援ツールである「Senses」と、同社が提供しているブラウザ電話システム「CallConnect」のサービス連携のスタートを発表しました。2020年7月20日、プレスリリースサイトにおいて明らかにされました。

CallConnectで電話を発着信する際に、該当の顧客情報(Senses上にある情報)をすぐに確認できるようになります。(プレスリリースより)

また、同サービス連携により、Senses上からクリックコールを行うことが可能となります。なお、案件管理の形式がカード形式であることが特長のSFAであるSensesは、株式会社マツリカが提供しています。

テレワーク下での営業活動をサポート

同サービス連携の目的は、新型コロナウイルス感染症対策で必要とされているテレワークでの、営業活動のリモート化支援だということです。

Sensesへの通話内容の書き出しを有効にすると、Sensesのコンタクトのアクション(営業活動履歴)に電話の履歴が自動で書き出されます。(プレスリリースより)

CallConnectの特徴は、顧客情報が発信時と着信時に表示されること、音声からのテキスト変換が可能なブラウザ電話システムだということです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

PRtimes
https://prtimes.jp/