『Knowledge Suite』の中心機能SFAを導入

ナレッジスイート株式会社は、2020年8月18日、同社のクラウド型統合ビジネスアプリケーション『Knowledge Suite』が、光東株式会社に採用されたと発表しました。

『Knowledge Suite』は、グループウェア・SFA・CRMがオールインワンになったアプリケーション。光東は今回、顧客満足度や生産性の向上を目的として『Knowledge Suite』の中心機能であるSFAを導入しています。

必要な機能から運用を開始できる

ナレッジスイートは、クラウドソリューション事業やシステムエンジニアリング事業を展開している企業です。オールインワン型の純国産統合ビジネスアプリケーションとして、『Knowledge Suite』の提供も手がけています。

『Knowledge Suite』は、ビジネスに必要な営業支援などのアプリケーションを統合された形で提供すると共に、クライアントが必要な機能から運用を開始できる「減らすカスタマイズ」も実現。また、24時間監視の国内データセンターにより金融機関並みのセキュリティ対応が可能であり、初期費用無料やユーザー数無制限といった利点も誇ります。

顧客満足度の向上などを実現すべく

今回『Knowledge Suite』を採用した光東は、山口県下松市に拠点を置いて建設産業用機械・車両のレンタル・販売・整備・輸出入などを手がける企業。法人向け営業活動の情報資産化・可視化によって顧客満足度の向上などを実現すべく、『Knowledge Suite』のSFAを導入したとのことです。

ナレッジスイートは今後も、導入企業における生産性向上・業務効率化を実現すべく、『Knowledge Suite』の機能向上および充実を図るとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

光東株式会社が『Knowledge Suite』を導入 – ナレッジスイート株式会社
https://ksj.co.jp/