アプリケーションの中心機能となるSFAを導入

ナレッジスイート株式会社は、2020年9月3日、同社のビジネスアプリケーション『Knowledge Suite』が八江農芸株式会社に採用されたと発表しました。

『Knowledge Suite』は、グループウェア・SFA・CRMがオールインワンになったクラウド型の統合ビジネスアプリケーション。今回の採用では、同アプリケーションの中心機能となるSFAの導入が決定しています。

海外でも高い評価を獲得している八江農芸

『Knowledge Suite』は、初期費用が無料であると共に、ユーザー数も無制限で利用できる統合ビジネスアプリケーション。マルチデバイス対応であるためスマートフォンやタブレットでも利用が可能であり、同時に金融機関並みのセキュリティ対応によって「見せる・見せない情報」の制御も実現しました。純国産である点も、大きな特徴です。

今回『Knowledge Suite』の採用を決定した八江農芸株式会社は、長崎に本社を置いて地域の農園芸発展に貢献している種苗会社です。同社の育種農場で開発された品種は、国内に加えて海外でも高い評価を獲得。種苗業界においては、活力のある会社として注目を集めています。

働き方改革への取り組みを推進

八江農芸株式会社における『Knowledge Suite』採用は、法人向け営業活動の情報資産化・可視化による顧客満足の向上と、営業活動の効率化による生産性向上を目的として、決定されました。この導入により同社は、働き方改革への取り組みを推進するとのことです。

ナレッジスイート株式会社は今後も、『Knowledge Suite』導入企業において一層の生産性向上・業務効率化を目指すと共に、中堅・中小企業におけるDX推進も図るとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

八江農芸株式会社が『Knowledge Suite』を導入 – ナレッジスイート株式会社
https://ksj.co.jp/archives/10496